04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

にゃごまま

Author:にゃごまま
「にゃご」高1の母です。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

▼o・_・o▼コンニチワン♪

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高1終了

2017.03.31 22:43|高校生
あっという間の1年でした。

中位~下位層としての入学で、中学トップのプライドがガラガラと壊れた夏前。
自分の立ち位置を受け入れて、前に進み始めた夏休み。
努力が得点に表れた秋。
慢心、気を抜くとすぐに下降すると気付いた冬。
センチャレ経験で、大学への道が自分事になった年明け。
目標となる、刺激しあえる、良き仲間たちに囲まれた理想の環境にいると気付いた今。

後半に向けて少し上昇傾向にはあったものの、高1の成績は直球ど真ん中でした。
A評価とか、推薦は・・・難しいという結果です。

成績はそんな感じだったけど、
部活はほとんど皆勤で、たくさんの友達と、尊敬できる仲間ができ、
少々の挫折でへこたれない精神力を身につけ、大概のことは自分で考え実行できるようになりました。
さらに、高い理想を掲げ、果敢にチャレンジしようと、いつも前を向いています。

よくぞ折れずに頑張った!えらいぞにゃご!

4月からはさらに部活が忙しくなるけど、
成長させてもらえるまたとないチャンスをゲットしたと思って、やれる限りのことやってごらん。
部活に、勉強に、最高に充実した1年目指して。

ガッツだぜ パワフル魂
スポンサーサイト

スイッチONOFF

2017.03.24 00:18|高校生
仕事の業界も、自然界も、気づけば~♪
鶯は3/9から鳴いてるし、チューリップも蕾も見えてきたし、花粉もじゃんじゃん飛んでるし、
春だーーー


さて、
いつもちょうど良い頃合いに進路イベントのあるにゃご高、
浪人生一人含む卒業生による受験体験座談会が行われました。

帰宅後、にこにこ笑顔で
「三年夏までは部活ばっかりで、あんまり勉強してなかったって~
「だから私もそれまで部活メインで大丈夫!」 ←ココロの声


・・・いやいや、そんなわけない!!! 
先輩方の地頭がよかったのか、努力を努力と思わないスーパーレベルだったのかどっちかでしょ? 

ご都合主義、楽天家、プラス思考・・・まっ、それもありか 笑
やる気につながればヨシ。

部活後に本腰入れたのが本当だったとしても、
先輩方に共通している点は、自分なりのモチベUP、スイッチ切り替え法を持っていたというところ。
時間の無い現役生にとって最重要ポイントは、
限られた時間のなか、いかに集中した勉強時間を作れるかってことなのかな?


教訓
集中せねばのその瞬間に スイッチを確実に切り替え 集中する




ここ二ヵ月ほど、にゃごままが特に刺激しなくても
テスト勉含め(テストはとっくに終わっていますが)やたらモリモリ勉強してます

祝・私の出る幕ナシ


「意識高い系とつながる」
学習法、予備校関連、将来?が話題にのぼるようになったようです。
意識高い系で繋がり、お互いの得意分野を分け合う。
質問してくれる友達がいて、質問できる友達がいる。
スバラシイ 憧れていた環境。
→モチベUP↑


「スタプラ」
学校ではズバリの志望校をまだ宣言できてないようだけど、(BIGすぎて 笑)
スタプラでは遠慮せずに、同じ志を持つ同志とつながれる。
問題集、学習内容、学習時間の管理、同志の存在、刺激。
目標に向かってがんばっている人がいる。
→スイッチON


「将来を思い描く」
主に、寝る前、にゃごままとトークタイム。
こんな夢、あんな夢、調べては盛り上がる
夢と希望に現実を少し混ぜつつ、ぐーるぐる
→モチベUP↑↑↑


勉強だけじゃないナニカもたくさん経験しつつ、憧れの高校でもうすぐ二年生になるんだね。
思いっきり楽しんで、いろんなもの掴め!

センチャレ返却

2017.02.26 23:43|高校生
インフル&発熱リレーがようやく終わった我が家です 涙
ほどよい?潜伏期間のおかげで!約一か月・・・長かった つらかった

にゃご県高校入試は前期試験が終わり、まもなく後期試験となります。
前期後期入試の是非が問われて何年経ったの?
にゃごが中学に入る時、私達から一回入試になるんだよね、なんて噂もあったけど、
結局現中2も二回入試との発表。
いつか変わるの?我が子の時じゃないといいな。

高校生になってみると、高校入試に関してのお休みが二回あるわけで、
なにやら遊びの計画忙しく、考査が待っていることを忘れて楽しそうに飛んでます
ひきかえ、先生達は試験準備対応審議、前期後期高校入試の間に三年生大学入試、
後期が終われば卒業式、学年末考査、新年度準備・・・タイヘンだー!

にゃごの場合、二回あったおかげで、前期思い切ってチャレンジできたので
二回で良かったと言えますが、さあて、どっちがいいんでしょうね。





学校で受験したセンチャレ結果が返却されました。

駿台での分析で、受験者数は約21100人(1年のみ?)、内文約9600、理約11500人。
全国、校内の全体と文理別それぞれの順位、偏差値、志望大別の席次(判定はなし、8校書ける)。
駿台の認定もしてくれました、ラッキー☆

にゃご高で、1年生も受験するようになったのは去年から?
学年別の平均点や、成長度合い、合格大との関連性等、
学校内でデータを分析できるのはいいですね。参考になります。
学年別の平均点もいただいて(共通して比較できる国、数、英)、
学年差が大きい順に、英語→数学→国語でした。ふむふむ

自己採点については=結果
本番は、自己採の正確性を判断するために、セン利で私大に出願という方法があるとか。
へえ~

三教科合計(英語筆記+数1A×2+国語の400点満点)での判断?
国語のおかげで、久しぶりにスッキリ二桁校内順位見せていただきました
志望大席次は、センターで判断できる訳じゃないけど、なんとなく参考になりました。
8校全て難関国立大を記入した誰かさん。
そのヤル気、買います

教科別にみた校内での立ち位置、
国語はイエーイ 英数はいつもと同程度。

全国偏差値は
国語>>数学>英語筆記>リスニング

英語ヤバし 汗 さあどうする?!
まあ、ここのところ英語頑張っているようなので、様子見です


勉強してみて、受けてみて、センターの印象は、公立高校入試タイプ!
(=学校での学習がベースになる試験)

そしてきっと、二次は難関私立高入試タイプなんでしょう。
(=学校別に特徴がある、特別な対策が必要な試験)

様子が少し見えてきた・・・ような気がする

高1-1月

2017.02.04 20:50|高校生
ようやく、ようやく!何もない休みがやってきました
わたくし、
この1月は仕事、育児、家庭、地域、学校、インフル・・・と充実した毎日を送っておりました。
お正月休みもあったし、連休もあったし、いつものひと月仕事を、
ぎゅぎゅっとこなさなくてはならないから、まあ、忙しくて当たり前なんだけど、
インフルはちょっと余計だよね

にゃごは少しずつですが
高校生としての自覚を持ち、生活や学業など自立に向けての「おひとりさま行動」が増えてきました。
おかげで、母としてのお仕事もスムーズに小学生へシフトチェンジ。
(小学生の相手は気力も体力も使う!!!×二人→私の毎日がいっぱいいっぱいなのも納得 笑)
中学生の成長も驚いたけど、高校生の成長も目を見張るもんがあるんですねえ。
子供が大人になる過程ってホントすごい~ ニンゲンってすごい生きものね~
お父にゃんと二人で、にゃごの小さなころの写真を見てはしみじみしてます。


さてさて、そんなにゃごの様子をいつまで書き記すことができるか分かりませんが、
私から見た高1-1月の様子↓


<部活>
生活の中心は部活です♪なくては語れない学生生活。
オケフェスに引き続き、県内のオケ部、弦楽部が集まるジョイントコンサートへ参加。
部員一桁の学校もあり、
こうして集まることで大編成オーケストラの一員として演奏することができるので、とても良い企画!
こちら、色々と面白かったので(+学指揮の先輩がカッコよく)、DVD購入。

来年度の運営に向けて活動開始、と共に悩みも発生?!
家でメソメソしてたので、
仲間を頼るようにアドバイスすると、数日であっという間に解決。
中学の時は、なかなか人を頼れなかった(先生さえも頼れなかった)のだけど、
ようやく、なにかその辺の殻を破れたような、そんな気がして嬉しい☆
加えて、「人を褒める」ことが増えてきたように思います。
まあ、スーパーすごい同級生ばかりなので、当然なんですけど、
今まではそこがちょっと素直じゃないとこがあったので、こちらも嬉しい。
自己肯定出来るようになってきたのかな?よかった。

進学した先輩にお願いする(というか、定演やるので来てね~と宣伝に来てくれる)と、
とても良い席を手配してくれるらしく、大先輩よりお誘いのあった二校の大学の定演へ。
100周年という伝統あるオケ部の演奏会は、盛大で♪
高校部活と比べて、講師が入っていたり、練習時間がたっぷりあったり、充実度高く、
大学オケすごい!!!と感動してました。
「行きたくなりそうな大学の定演はこの一年で全部行く!」
大学でも続けたい、という夢がふくらみます。

「朝、駅まで送ってくれるなら15分練習できるんだけど・・・」
15分早く起きればいいじゃん!
とは言わず、「オッケー、ガンバ!」と言ってしまう甘甘かあちゃんここに。
自分磨きもガンバレ。


<模試とか>
にゃご高ではセンター同日を学校で受けました(翌日の月曜日)。
新聞、メディアシャットアウト、予備校では受けないでね、との注意あり。
国、数1A、英の三教科です。
問題用紙が異様に大きいという噂のS台のセンターチャレンジだったようで、
バラバラにすると何ページなのか分からなくなり、みんなバサバサとガサガサとやりづらかったらしい。
本番はどんななのかな?

年末の定期考査が終わったら、センチャレ(センターチャレンジ)に向けて勉強する!宣言。
センターの過去問集は25年分くらい入っているけど、今年買うのはもったいないような気がして、
取り組みやすい難度(標準)、解説充実という河合の出してる「マーク式総合問題集」を購入。
(河合で行われるマーク模試前年度過去問に少し編集を加えたセンター用の問題集、
6月ごろ発売されるらしいんだけど、教科によって年末には品薄となり、探すのが大変な教科ありです)

英語は「単語がダメ」とか言ってたので、問題集には手を付けず、
センターレベルの単語をゴリゴリと1日100個。
勉強法調べると、1日100個とか200個で短期間に集中して覚えて、以後繰り返した方がよい?
ゴリゴリのお手伝いならお任せあれ、ってことで鬼登場!!!
「単語は100個やっただかーーー、やるまで寝てはなんねーぞーーー」
鬼ばばのおかげで、センチャレでは「分かんない単語はほとんどなかった」そうです鬼に感謝だな 笑
センターレベルとうたっている単語帳は本当にセンターに対応してるってことね。
・・・が、「単語は分かるけど、英文が読めない」?!
次はイデオムと構文だな。
節分で鬼を払ってしまったけど、再び鬼を呼ばねば 笑
学校の英語の授業が何やってるのか分かんない、身に付いてる気がしない、そうなので、
この春休みは予備校の講習を受講してみることに。(映像じゃないやつね)
すると、講習で他校の生徒には負けたくない心がムクムク生まれ、
「講習までに単語と文法もっとやらなくちゃ」だって。 
お、おもしろい 笑  

数学は、マーク問題集に取り組み→忘れてるところをチャートで確認。
しかしこちら、8割の壁がなかなか越えられず。(←軽くチャートの見直しじゃ足りないんじゃない?)
センチャレ本番では、選択問題?で確率に手を付けてしまい、失敗したとか。
図形ならできたとか、解法の分からない問題はなかったとか、なんとか。
でも、少しできるようになると楽しくなるのが数学ってもんで、「数1Aいいかも」とか言っちゃってます。
楽しく勉強できるなら、そんないいことないじゃん。ガンバレ!

国語は、マーク問題集で時間配分等の練習→できなかった古文漢文を解説みてフンフンフン。
センチャレ本番は運よく高得点でした。
これは絶対実力ではなく運です。カンが当たっただけです。勘違いなさらぬよう、お願いいたします。
高1で一番点数が良かったとか無いように、手堅く確実に得点できるように、
国語が得点源だと宣言できるように精進してもらいたいです。
調べると現代文の勉強法は大きく3つほどあるようで、
①出口ルート②河合ルート③船口ルート④他
にゃごは出口先生の思考法で進めてきてますが、
記述対策ってことで、その筋で定評のある駿台の先生の問題集を使ったりもしてます。
今のところ、現代文は問題とのフィーリングで良し悪しの振れ幅が大きいので、
どうにか確実な所へもっていきたいもんですね。
国語って独学がいいのか、予備校がいいのか、どうなんでしょう。
古文は品詞分解でぐぐっと力がつくような気が。
助動詞も文法も強引に覚える(分からないところは基礎問題集へいちいち戻り覚えて出直す)し、
学校で配られている副本に載っている作品のすべてがスラスラ品詞分解できて、
単語集の単語を完璧にすることが今の目標、がんばれ。
漢文は・・・勉強してますか?まずは句形って聞くけど、どうなの?
鬼呼ぶ?

センチャレ、返却は2月半ばごろかしら。
受験した高1生のなかでの立ち位置は?
ここで撃沈するのはプラスとふんでます。なので良くても悪くても結果楽しみ♪


他、河合の記述模試を学校受験(2月にはいってから)。進研模試は受験せず。
こちらは近隣の私立上位校(進研模試を受けない学校)が受験する模試らしいです。
感想は、、、英語がOH!って感じだって。
記述なのでセンターより解きづらく(あたりまえだけど)、自分の英語力のなさを痛感したようです。
今気づけて良かったよね。


ってことで、今やるべき勉強は1にも2にも英語だと。
ゴリゴリと、もりもりと、取り組むそうです。ガンバレ。




<進路指導>
センチャレを受けて、一気に大学受験が自分事に。
目標点に向けて何をどう取り組むべきか、一年生で意識できたのはラッキー☆
冬休みの宿題で学校調べ、センチャレを経て、知識が少しつまったところへ、
「大学の先にあるもの(大学選びはゴールではない)」とのテーマで
現在大学4年生の卒業生がお話に来てくれました。
理系、文系、国立、私立、一般企業就職、行政に就職、他大学院へ進学・・・
いろんな立場の先輩が、教室をまわって。
大学入学後の気持ちの変化、失敗、努力など、卒業生という身近な立場の先輩から直接聞く話は、
具体的で、ホントに参考になるというか、企画してくれた学校ときてくれた先輩に感謝☆
「進路指導は学校にお任せください!」って言ってたっけ。
学校は、色々と、プロだなあ、と思います。ありがたい。



<学習計画 PDCA>
↑すっかり気に入って、このコトバ良く使ってます
教科別にノート作ってたんだけど、いちいち見るのが結構手間なので、
良い手帳はないもんかと、あちこち本屋で探したようです。
合格手帳は細かすぎて、もっとざくざくした感じのスケジュール帳はないのか?
参考書別にガントチャートがあって、1週間に一度見直せるような・・・
あった!!! 「yPad half X」 名前が笑える。
毎日の計画は自分で、週一の確認は一緒(二人っきりになれる機会)に見直し。
ざっくり感がたまらなく、よい!ね。
個人的にはスッキリ系デザインの完成度も高く、色合いもスキ。
大き目ふせんに翌日のノルマを書き出し、目につくところへ。
終わったら自由ページにぺたり。
むくむくと分厚く膨らんだ自分のワイパッドは宝になるね。
ボロボロになるくらい、しっかり計画&実行しておくれ。




こんな高1-1月でした。

長文&誤字脱字変な表現はお許しくだされ。

1 2 3

2016.12.03 23:47|高校生
1 2 3 スタート! 

きっかけは出前講座でいただいたパンフレット。

そこには、今まで具体的な言葉にすることのできなかった「夢」が、
〇〇学というカタチで描かれていました。

名前ついた学問だったんだね。

そうと分かるや否や怒涛のように情報が集められ、
大学学部のリストアップ、内容、卒業後の進路、受験科目のチェック、
選択科目の検討、受験勉強の方針・・・

これからの自分に向かって、いよいよスタートかな?
よかったよかった。前進してる。
「おめでとう♪」

12月3日、1 2 3 今日はスタート記念日!

にゃごの「夢」
ずいぶん長いこと、あたためてきていたのかもしれない。
ココでもつぶやいたことあったかな~
ちょこちょこと、他にもやってみたいコト、あるようですが。
あと一年ほどは、猶予あり。
来年履修する化学や世界史を学習して、どう変化するかな?

一年後、二年後の今日が楽しみ?!です。



続きを読む >>

お土産交換会

2016.11.23 13:35|高校生
11月はイベント多し?!
学校行事として、2年生の修学旅行、1、3年生の校外学習(遠足)がありました。

仲良し木管セクション。
お誕生日やハロウィンはワイワイみんなでおやつパーティー☆
今回はそれぞれ学年でお土産を持ち寄り、交換会♪
1年生のお土産はうけ狙いお菓子?! 盛り上がったらしい 笑
3年生は既に引退してますが、お土産持って遊びに来てくれたんだって。

活動日数が多くて大変な部活だけど、和気あいあいとした雰囲気で、
優しいお兄さんお姉さんができたみたいで嬉しそうに参加してます♪
家庭では頼りにされがちな長女だけど、部活では妹扱いしてもらえるのが居心地いいのかもな~
頼れる先輩としての存在もありがたいです。


以下、兄様姉様より仕入れた情報をφ(。。;)メモメモ

2年生後半は、3年生0学期という
2年生は修学旅行が終わると、みんな受験モードに切り替え。
(修学旅行から帰りたくない人多数・・・だよね)
これを3年0学期と言うんだって。へ~

学校は「予備校行くな!学校で頑張れる!」派なんだけど、
この冬から予備校に通い始める人も多いらしい。

先日の自習時間は、テスト直前というわけではなかったのに、
クラスの半分はガリガリ勉強モードだったようです。(残りの半分は?)
さて、一年後、にゃごはどっちの半分になるか?! 笑


3年生、授業は残すところ10日ほど
あと10数日で高校授業は終わるとか。
高校受験の時のように、受験までに範囲が終わらない~ 汗
なんてことはないようで、ちょっと安心した。

3年生はいよいよ正念場ですね。
中二の1月、授業見学に訪れた際、3年生の階には立ち入らないように!と念を押されたっけ。
緊張感は高校受験の比じゃない??
にゃごまま、精神修業滝にでも打たれてこなくちゃ。どきどきする~

この時期の遠足は、良い息抜きになりそうですね。
1年生を見て、「1年生に戻りたい!!!」と3年生。
何でもかんでもルンルン楽しい♪様子が羨ましいそうで。

かつて、その3年生が1年生の時、当時の3年生から同じことを言われたのを思い出し、
気持ち分かった、と言ってたらしいです。

去年の我が家を思いだし、
さらに大きく高い山にチャレンジしている3年生の先輩を思えば、想像に難くないですね。
先輩、頑張ってください きれいなサクラが咲きますように。

二年後、にゃごも後輩に同じこと感じるのかな。

出前授業

2016.11.20 23:05|高校生
楽しみにしていた進路行事、大学の出前授業がありました☆
1、2年生対象に行われる特別講座で、大学の先生が講義をしてくれるんだそうです。

今回は都内国立大学の「法学」、関東国立大学の「心理学」の2講座を受講することに。

帰宅後はルンルン♪
得るものがあったようで、講義の内容を楽しそうに報告してくれました。

特に、法学講座。
法学になのか、その都内国立大学になのか・・・トキメキ☆
「民法面白い!好きかも♪」
「(パンフながめながら)校舎もかっこいい~♪」

法学系、今まであんまり考えてなかったねえ。


今だ、はっきりした進路の決まらないにゃご。
学校によっては、文理の選択も2年生であるようだし、やや焦る気持ちも無きにしも非ずだけど、
そんな人こそ、視野広く、各方面に目を向けた方がいいのかもよ~
出遅れたら、その時はその時。
本当に学びたいコト見つけて欲しい。

トキメキ大学☆
法学系のその先の進路は、思っていたより幅広いみたいです。
興味あるゼミも発見
「この分野へ、こんな切込み方もあるんだ」

大学調査、まだまだレベルのにゃごですね。
もっと調べたら、ハッとする発見あるかもよ。

大学での学びやその先の進路がまだ具体的でないにゃごにとって、
このような進路行事はありがたいです。

考査振り返り

2016.11.19 16:42|高校生
次回考査の参考にしたいとのことなので、にゃごがメモしていない部分を記録に残します。
ホント、メモなので、少し公開して閉じますね。


(現代文)
問題文は初見の問題なので、模試感覚。
今のところ、持っている読解力でなんとか上位グループにはいるようだけど、
トップとは10点以上差が。
自分には「要約力」が足りてないんだと思う、とのこと。
出口先生の本を二周したところで、要約力アップの定番「現代文読解力の開発講座」へ。
のぞくと、1/3が問題で、2/3は解答解説!
自宅学習者にとって、解説の充実はありがたい。

重要ポイントを抑えて、記述、論述できるようになることが目標。
解説の無い問題を解くとき、記述の添削をしてくれる先生がいるといいよね。

その他、
通常の軽~い読書に加えて、ちくまの小説入門や評論入門もちょいちょい読んでるところ。
漢字は、授業でミニテストをしてくれているので、学校ペースで。


(古典)
先生がすごくいい!のに、第一回、第二回がイマイチだったのは、
授業が面白いので、分かったつもりに、充実したノートを眺めて勉強したつもりになっていたということが、分かったらしい。
今回は、時短目的でにゃごままが「品詞分解」におつきあいしたところ、一気に↑↑↑。
つまり「なんとなく意味分かるし~」では通用しない!!!
正確に読み取る一番の近道は「単語」と「品詞分解」だーーー(たぶん)

古文単語は学校配布の単語帳350語がまもなく一周。
(自力ではなく、単語のテストがあるので、おっつけ勉強みたいですけど)
きっとこれを何周もすれば自分のものになるでしょう・・・ガムバレ!

品詞分解は、やればやるほど身に付く!ってことで、
文章一つ、品詞分解して古典の先生に添削してもらったようです。
ありがたい~
「悪くないけど良くもない」という言葉と共に返却 笑
数こなしてくださいませ。

今回は漢文の出来がイマイチ・・・
勉強したのか~?
「漢文ヤマのヤマ」という参考書も少しずつ読んでいるようだけど、
次回はどうする、どうなる、何やる?


(地理B)
いまだに、これだ!って問題集と勉強法に出会えていない地理。

副教材の問題集がなく、
教科書とリンクしている市販の問題集がなく、
とりあえず購入した問題集ではテスト範囲を拾うと飛び飛びになってしまい、
センター用の問題集では問題が少なく、
教科書とノートから問題作っても、なんだかな~
ぱっとする結果のでない地理は迷走中。
教科書と、ノートで得た知識を、ちょうどよくアウトプットできる教材、
どっかにないかー?


(倫理)
決して苦手な分野ではないはずなのに、範囲によっては入り込めないそうです。
受験科目には・・・

目標平均死守!


(数1A)
客観的に見て、やってなくはないけど「やり込み度浅し」の印象。
もっとやればもっとできるのに、もったいない感じに見えます。

傍用のハイスコープは、課題におっつけ勉強。
テスト前に、バツのみと、青チャの例題のみ。

でなくて。
もう少し、演習量増やせるとよいかなあ、と。

でも「数学ばっかりやってるわけにはいかない」気持ちも分かる。
上手く時間・・・使いたいね。

年内には、数1A終わりそうってことなので、冬休みは「総・復・習」のチャンスでっせ~
センチャレ楽しみにしてますわ!


(生物基礎)
つい数年前まで、大学-大学院で遺伝学の研究をされていたという若い先生。
にゃごの「理」の芽を開かせてくれてありがとうございます
家で、楽しそうに生物の授業を語ってくれます。

私も生物系出身ですが、えー、大学を出たのはー、何年前(何十年前)のことだったでしょうか。
「生物」という学問もずいぶんと進化していて、驚くことばかり。
あの時最先端だと思っていた技術は、すでに過去のモノだったりして、
自分、「時間が止まってる」感否めない。勉強不足で自己嫌悪。
教えてあげる⇒教えられない⇒教えてもらう 苦笑
この夏休み、実家から持ってきた岩波の「生物学辞典」。
当時の定価7500円。おこづかいで買ったんだよ!一生モノだと思ったのに。
昔の事調べるのに使って~ 内容が覆ってたらごめ~ん 
ここで思い出す、にゃご中担任の先生の話。「教科書を変えてみろ!」
本当に、数年後には新事実発覚してたりして、教科書の内容もどんどん変わっていくんでしょうね。
今の子たちに、是非、その一端を担ってほしいと思いますねえ。

話それました。

テスト内容を見ると、授業、教科書で8割。
残りの2割は、興味を持って発展的な内容に踏み込んだかどうか。

その2割問題。
今回は、『提示されたキーワードを使って「RNAワールド」について説明せよ』
授業では触れていないとか。
早速図書館で勉強。(テスト終わってからだけどね)
・・・深い。深いよ、先生。

取り組みやすそう、と購入した「リードlight」では考査には太刀打ちできないことが分かり、
今回は傍用の「セミナー」で記述まで仕上げたところ、なかなか良い結果!
やっぱりセミナーだったんだ。

理解不足の範囲のみリードlight使って、あとは授業+セミナー+資料集。
勉強の方向性がハッキリ見えている教科です。

興味の度合いからして受験科目になるであろう、生物基礎。
その先の生物は、理系を選択しないと学べません。
「文系に行っても、生物だけ勉強したいな~」
が今の気持ちだそう。


(地学基礎)
地学に対しての唸りはハンパない。なぜだ?
今回は唸っただけのことはある、という良い結果でした。

生物同様、取り組みやすさからリードlightも用意してあるので、
まずはリードlightでなぞってから、傍用のリードαできるだけ。

受験科目には・・・?


(コミュ英&英表)
こちら、平均点の女でございます。

「幼少期からの蓄積がない(にゃご談)」ことを理由に掲げているみたいだけど、
まずもって、取り組み時間が少ないことが最大の要因では?

各種資格試験、受験より遡って2年以内に・・・なんて大学もあるようじゃない?
やっぱり「英語」はできてあたりまえなのよ~~~

今は、速単、学校配布のForest、関連問題集しかやってません。

どうする?どうする??


続きを読む >>

第三回考査 結果

2016.11.10 23:01|高校生
週一程度のまま鉄で、順調に回っている日々の学習。
ついに効果現る?!

第三回考査の結果、クラスで一桁順位でした~♪
前回から20位UP

特に力を入れていた「生物」、
ウンウン唸っていた「地学」、
本腰据えて取り組み始めた「古典」、
この三教科は努力の分がダイレクトに点数に加算!

「やればできる子なんだね~」←自分で言うな 笑

いかに勉強してなかったか分かる、なんて自分で言ってたけど、
夏休み前は一生懸命が空回りしてたんじゃないかなあって思う。

努力が結果につながってよかった

まま鉄(PDCAサイクル)
人によってガンバリの続くサイクルの間隔?見直すタイミングは違うと思うんだけど、
にゃごの場合、一週間前後がちょうどよいタイミングなのかも。

今回だけと言わず、、、その嬉しそうな笑顔を次回も見せてちょ♪



教科ごとの振り返りも記録に残しておきたいし、書きかけの記事もいくつか。
時間・・・つくろっと。

進路スケジュール(模試)

2016.10.30 18:48|高校生
模試
1年生では進研模試二回、K塾模試一回、センターチャレンジ(国、数1A、英)もあるんだって。

「センチャレ」学校でやってくれるのは今どき?
せっかくだから、全くので取り組むより、少しでも対策した方がいいよね。
学習プランに加えられる余裕があるかな?
国語、英語はどれくらい通用するのか、数学はどれくらい仕上がっているのか。

K塾模試は、年度の終わりごろに行われるようで、
進研模試より難度UP、近隣の上位私立高も受験してくるようです。
こちら、冬休みに総復習しておくようにとのお話。
・・・総復習?冬休みに? 
それまでにどれだけ勉強が進んでいるんだろか。

夏の終わりごろ、KかSの模試受けてみようかな、なんて言ってたけど
「忙しい、忙しい」と結局、受けなかったね。
卒業生の進路が大まかに分かっても、自分はどれくらいなのか?ってのは
やっぱり模試を受けないと分からないよね。
学校で、強行してくれるのはありがたい。



ついこないだまで、
「高校入学したばかりでもう模試?」
「しばらくはゆっくりさせて!」
とかプンプン言ってたにゃごですが、いつの間にか・・・

「〇〇大って・・・」
「こんな将来って・・・」
「図書館で就職雑誌みたら・・・」
「こんな勉強やっておいた方が、将来に・・・」
「自分のこんなところ変えないと、社会に出たときに・・・」

そんな話題が次々と当たり前のようにのぼるようになりました。



親の自分は去年と比べてさほど変化はないのですが、
子供の成長は短期間に驚くほど変化するんだなあ、しみじみ。

冬服の下に可愛いカーディガンを着て、どこから見ても高校生。
中身も少しずつ、大人になり、
赤ちゃんの頃をふと思い出しては、大きくなったなあ、しみじみ。


保護者会の最後に、「保護者の皆様へ」と題したスライド。
高校の3年間で子供は肉体的だけでなく、精神的にも大きく成長します。
ぜひ、その成長を楽しんで!


心の中で「ハイっ!」♪と叫んだ私。
優等生? 笑

小学生チームの成長も著しいこの頃。
忙しい毎日だけど、楽しい☆

がんばる子供にパワーもらって、まだまだがんばらにゃいかんです。
ガッツ、自分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。