06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

にゃごまま

Author:にゃごまま
「にゃご」高1の母です。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

▼o・_・o▼コンニチワン♪

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月特訓

2015.12.13 16:46|塾and模試
チラシで見かけるこんな文字
「正月特訓!!!」

今までは、受験生は暮れも正月もなくて大変ね~って。
そう、、、正月特訓は受験生のためのものだと思っていました。

しかし、実際
「お正月だけど、直前だし、まったりできなさそう・・・ byにゃご」 なんて言ってて、
家族に受験生を抱えて気付いたこと。

コレってもしや家族のため? なんじゃないかって。

我が家の小学生きょうだいは、いつもと同じように楽しくお正月過ごしたいと思っています。
受験生はお正月遊びは少しにしてできれば追い込みをしたいと思っています。

きょうだいを中心に考えると受験生にストレスが、
受験生を中心に考えるときょうだいにストレスが。

家族の状況を考えて、セーブできるお年頃ならまだしも、
ガンガン遊んでテレビみて、ぎゃはぎゃはしたい一桁世代にどこまで我慢させるかなあ・・・
なんて悩みが発生。

そんな時の正月特訓じゃーん

家族は気兼ねなくお正月を楽しみ、かたや勉強に打ち込める!

そーだったんだ
正月特訓ってウチみたいな家族のためのモノだったんだね。

善は急げ!よし、申し込もう

ってとこまでは上手くいったんだけど、、、既にキャンセル待ちでした 涙 ←12月初めの話
気付くの遅かったねぇ

せっかくその気になったにゃごでしたが、
「キャンセル待ちなら耳栓して家で勉強するよっ」てことになりました。
図書館は年末年始お休みですので、自宅で勉強するほかありません。
有料の(!)自習室ってのも調べたけど、
きっと大人ばっかりで、緊張して逆に集中できないんじゃないかと。

集中力の訓練だと思って、自宅でガンバロウ
きょうだいはテレビのボリューム下げたり、お父にゃんとショッピングモールや公園に行ってもらおうかね

そこへ・・・

続きを読む >>

スポンサーサイト

Vもぎ-9月

2015.10.07 23:18|塾and模試
テストとテストの間隔がだいぶ詰まってきている今日この頃。
受験生の秋は模試のシーズンなんですね
去年の今頃は、「今」を想像できなかったな~
ということは、想像を超えた来年の10月が待ってる
わぉ、どんなかな。楽しみ

さて、
前回少しダウンしたVもぎでしたが、この9月で少し戻り、=志望校合格偏差値となりました
(といっても、B判定だけど)

国語>>3教科>5教科>数学>英語>社会=理科

今回は国語でにゃご人生最高の偏差値をゲット
3教科、5教科の合計偏差値を引き上げてくれる得点科目となってくれましたよ~ん
3回の受験とも、安定して好成績な国語です。

にゃご県公立の国語は、
得意な人には不利らしい(高得点が取りづらく、得意と不得意の差が出にくい問題)と聞いています。
Vもぎが県公立の問題に沿って作ってあって、そこで上手く得点できているんだとしたら・・・
もしかして国語に期待しちゃっていい?!

問題の傾向は塾の公立対策講習会で聞いた程度で、実はにゃごままノーチェック。
でも、ここでしっかり大人目線で傾向を分析して、
いまのにゃごに弱い部分を強化するような勉強スケジュールを組んだらプラスになりそうだなあ。


社会
振り返りポイントは、またしても「年代順に並べかえよ
細かな年号暗記がまだ定着していないってことだね。
単語暗記と同様に、こつこつやらなきゃね。
でももしかしたら、頻出並べ替えとか、問題の傾向ってあるのかも?

理科
9割以上得点できていたけど、平均点が高かったのか、偏差値はそこそこでした。
なんとなく得点できたのか、しっかり得点できたのか。
常に各分野から問題が出るので、Vもぎ前は良い復習ができてます。
新たに学習した単元も、同程度得点できるよう、振り返りだけでなく演習も重ねたいね。

数学
理科と反対に平均点が低く、8割程度でしたが良い偏差値でした。
計算の段階で正答が導けていたのに解答欄に転記する際書き間違えた、とか、
xとyを逆に書いてしまった、とか
凡ミスを減らしましょう

英語
英問英答や、英作文ができてないようです
文法学習が終わった後、方向を見失っているにゃご(とにゃごまま)。
今後どうしていくのがいいか、この連休でゆっくり考えたいです。

国語
すごい偏差値だったけど、実は満点じゃなくて。
なんと間違えたのはかんじぃぃぃ~
「ふるって」⇒「☓振って」(〇奮って)
作文中で「☓礼議」(〇礼儀)
痛恨のミスっ
漢字・・・忘れちゃならん重要ポイントでっせ~
メインでガシガシやらなくてもいいけど、毎日ちょこちょこはならないとね
その他、数問あった記述はキチンと得点できていて、結果は
公立の過去問で傾向を分析して、得点源になりそうな分野に絞って勉強するってできたらいいのかな。


受験者数はだいぶ増え、約12000人!
全体順位は・・・すごく良かったです これが続くといいんだけどね。
同時期に受験した駿台でダメだし~の流れになってしまいませんように。。。恐怖っ

駿台模試-8月

2015.09.22 13:08|塾and模試
誤字訂正しました
追記あり

三年になって初めての駿台模試。
こなごなに散ってくるかと思ったけど、際どいラインで踏みとどまった模様。ふぅ~

記載した志望校 公立3校、私立3校(説明会等に参加したA~Gのどれか)は、
確実圏(80%)-可能圏(60%)-努力圏(30%)までまんべんなく~という結果。
にゃごの場合、Vもぎと比較して偏差値の数値は10以上違います(母体が違うので)が、
それぞれの模試においての志望者の中での立ち位置は、あんまり差はないです。

駿台模試は、Vもぎで言うところの70前後を、50~75(80以上って人もいたようだけど 汗)
に振り分ける目的の模試。
にゃごはしっかり振り分けの対象者だわ~←ぎりぎりぶら下がってる感じです


それにしても、やはり分析力がVもぎに比べるとスゴイです
大手塾模試では当たり前なのかしら?

各教科、各分野ごとの偏差値まで出るので、どの分野で失点しているのか一目瞭然だし、
教科別の指針は、まるで塾の先生が直接アドバイスしてくれてるかのようだし、
全国、男女別、都道府県順位にそれぞれの偏差値まで。

志望校判定は男女別の偏差値を使って判定、
各志望校の併願多数校も記載され、それぞれの判定もあり、
それに志望別順位も出る(←コレすごく参考になる)

これ見ちゃうとVもぎの成績表がなんとも頼りなく見えちゃう。


結果分析。
夏休みの終わりに実施されたということで、塾なしにゃごがどうなってるか?
を確認するという大きな目的がありました。
それについては、あまり変化なしという結果でした。
ちょっと安心。

教科別に確認すると、今までの結果と比較して(理社は初なので結果から判断)、
英語 ↓
数学 ↑↑
国語 →
理科 悪
社会 想像より良


現在、公立高志望のにゃご。
Vもぎ(公立レベル)だけでいいんじゃない?とも思ってるんだけど、
併願予定私立高の英語レベルが高く、できればそこを意識しながら勉強したいので、
駿台模試も受けておこう、との考えです。
また、にゃご第一志望高を受験する子は、県内難関私立や都内国立と併願してくる子もいるので、
その中での立ち位置も確認しておきたい、そんな考えもあります。

今後の勉強や志望校次第で、考えは変わるかもしれないけど。。。

そうそう!
面白かったのが男女別の偏差値で、
男女合わせての偏差値と、女子だけになった場合の偏差値との違いです。

英語 男女=女子
数学 男女<女子
国語 男女>女子
理科 男女<女子
社会 男女<女子

私に分析力は無いけど、
英語は男女同じくらい。女子は国語が得意で数、理、社が苦手?


以下、各教科の振り返りです。
にゃごに向けての内容なので、どうぞスルーしてください。



続きを読む >>

Vもぎ-8月

2015.09.20 14:27|塾and模試
8月の終わりに受験したVもぎ(県立そっくり模試)の話。

国語=3教科>5教科>数学>英語>社会>理科

今回は理社でやや落とし、5教科偏差値は目標-2でした。
前回、社会で良かっただけに悔しいねー

社会の振り返りポイントは、「年代順に並べ替えよ」
各単元で単語や要点は覚えたものの、時代がMIXされ、項目がMIXされると・・・
おっとっと 

重要事項は年号まで暗記すべし

単語帳、無印で購入してきました。
せっせと暗記です。


理科は、正答率の低い問題をまんべんなく間違えたようです。
ざっくりの復習は「でる順」等でできても、細かな詰めが甘いのか?

まんべんなくが済んだら、次はミスを一つずつつぶしていく

見たことのある問題だらけにしていく。
遠い道のりのようだけど、まだ9月。
毎日必ず時間を取れば、一か月後には30問蓄積されているハズ。
千里の道も一歩から。
分野別に勉強しているときは出来ても、模試で甘さが出るとするならば、
過去問(TEL帳)を解きながら常に各分野の復習をした方が良さそう。
TEL帳がプラスになる、と言われる理由はココか?


数学のミスの内容は、経験のない問題で。
分析をみると、正答率5%未満の問題ばかりでした。
仕方ないかな。
出来なかった問題に出あうたびに、一つずつ自分のものにしていくしかないよね。
5教科中、唯一前回より偏差値のUPした教科です。


英語は、英作文が課題かな?
とにかく書いてみよう!そうアドバイスされました。
文法をマスターした次の段階は、英作文と長文かな。


国語は、悩んでいる割にまた良くて。
しかし、自信のあった作文で3点減点。
⇒論旨の一貫性-2点、句読点の打ち方に不適切なところあり-1点
記述対策もしないとね。



合格判定は、
F高40%
合格実績のグラフ?では、合格者の真ん中あたりといったところでしょうか。
そう思うと、まぁ‥ね‥。でも40%はあんまり嬉しくないよね。
小さなミスを重ねることであっという間に落ちてしまう。
公立高入試は、「いかにミスなく解答できるか」がテーマですから。
厳しいっす。
3教科は安定しているので、理社の完成度の甘さが結果に出ているんでしょう。
意識して→挽回するのを期待しましょう。

判定は悪かったけど、おまけのように「合格射程圏内です」って書いてあり(苦笑)
受験する権利はあるってことで。

『どんな判定が出ても、前期受ける学校は変えない』 / にゃご

母はいつでもあなたの応援団です!
やるなら、やったりましょう

気温が下がるにつれて、受験生意識が高まってきた様子。
ピリピリまではいかないけど、隠れてガツガツ
こないだのメントレは、期末→実力→模試→模試→・・・とエンドレスに続くことに気づいた 苦笑
「要するにこれが受験まで続くのね」って
そうかも~

緊張感を維持する&適度な息抜き のお手伝いも母の役目。
勉強の隙間に、「読書」と「音楽」と「甘いもの」で相槌うってあげなくちゃ・・・ね。


Vもぎの他、駿台、期末と返却されてきてます。
ブログの記事にする前に、次の模試になっちゃいそう。

Vもぎ-7月

2015.07.23 00:01|塾and模試
ばたくらばたくら忙しく毎日が過ぎてます。
F高とM総合高のオケ定演レポや進学相談の話もあるんだけど、先にVもぎの結果について書こうかな。

にゃごの住む県で公立向けの模試と言えば VかS です。
どっちもそう変わらない内容らしいんだけど、上位高志望の人はVが多いとのウワサだったので、
我が家は入試まで継続してVもぎを受けようと思ってます。
6月からスタートして、今回は今年度2回目。
1回目は色々重なって受けられなかったので、にゃごは今回がVデビューです

試験の範囲はあらかじめ公表されていて、5教科とも2年生までの範囲。
試験前に重点的に取り組んだのは言うまでもなく、社会

4月からこつこつクラブで取り組んだ成果を出したいっ!!!
そろそろ頑張ったごほうびが欲しいっ!!!
じゃなきゃ、これから頑張れないじゃんっ!!!


2月に受けたI塾公開模試も、3月に学校で受けた実力テストも、社会が足ひっぱってたもんね~

さて結果。
なんとも早く返却されてきました
約5日でかえってきた!びっくり、はやーい
返却が早いっていいですね~ 

注目の社会は・・・なんと偏差値65でした
これは、もしや、勉強の成果が出てる?! すごいやんか~!
やったぜ、ビバこつこつクラブ うっひょっほーーー(←こんな時期に喜びすぎ?)
誰でもやればできるんです。うんうん。

社会のおかげで5教科、3教科共とてもよかったです 

国語>理科>英語>社会>数学

第一志望のF高はB判定。(=合格基準偏差値だったけど、+2にならないとA判定はでないらしい)
志望校として認めてもらったような気がする~

しかし、受験者数等出てなくて。なんだかさっぱりした成績票です。
次回からは「県そっくり模試」という名前にかわるから、もう少し細かくでるのかなあ?
加えて、問題の難度は全体的に易しく、「中二までの復習ができてますか?」という内容のテストだったので、
喜んでおいてナンだけど、
今回の偏差値や志望校判定、入試に向けての信ぴょう性はあまりなさそう(苦笑)
だからVもぎだけじゃなく、やっぱり駿もしも受けた方が良いと思う

でもね、覚えてるかな確認にはちょうどいい模試だったかも!
社会に苦手意識ができそうだったから、こつこつ⇒自信につながるテストとなりました。
「やればできる」という実感はこの時期プラスですね。
夏休みに向けてやるぞ~ってなるもんね。

よしっ次は違う範囲でも対応できるように、うっかりミスをなくせるように、
8月末のVもぎもがんばってもらおー

『合格への道』

2015.03.13 21:19|塾and模試
先日行われた塾のイベントに、にゃごと参加してきました。
 (塾生でなくても参加できるイベントです。塾の宣伝もかねてるからね。3月はまだ塾生ですけど)

その名も
『県立C高・F高 合格への道』 →オーバーなネーミング好き


まずは県立高校の入試システムについて
前期と後期があり、前期に不合格の場合、
受験校を再検討してもう一度公立高校の受験ができます。
2回あっていいよね!と思っていたけど、2回に分けて合格者を決めるので、
不必要に不合格を経験する人が増え精神的な負担が大きい、という意見もあるようです。
併願の私立をどうゲットしたかによって、前期チャレンジするとかしないとか決める人が多いみたい。

一般的な公立高校の入試は、内申+当日の入試得点で決まるんだと思うけど、
C県前期入試の公立上位校は、当日の入試勝負!
内申は入らないか、入っても半分程度(学校によって割合が決まっています) 
その日にいかに力を発揮できるか、にかかっているってことで。
体調管理とか、モーレツぴりぴりしそう
内申が悪い人でも、実力さえあれば合格できるってことでもあるんだけどね。

ちなみに後期は内申135満点(45×3年間)がそのまま入試に加点され、選抜材料となります。

でね、先日も書いたけど聞いてびっくりその倍率
にゃごの現段階志望校のF高普通科は前期3倍以上不合格者400人以上
後期は2倍以上不合格者約150人
これを確実に合格にもっていける実力ってどのくらいなんだろうね~
なんか夢物語なんじゃないかと、、、イカンイカン弱気になるのは早すぎっ

そのくらい厳しいので、本気にならなアカンぜよということよね。


英語の先生より

・難度としたら容易な試験
 →つまり、ミスが命取りなテスト。2問間違えると黄色信号点滅らしい。
 →上位校を目指す人はほぼ満点ねらい(マジっすか
・「ケアレスミス」という言葉は忘れましょう
 →できたはず、という勘違いにつながるので、ケアレスミスを免罪符に使うな!
 →真に定着したものは忘れないのだ!
・リスニングは英検3級レベル
 →公立志望なら、これに向けて特別やらなくても分かる内容


国語の先生より

・文法問題は深く出ない
 →中二レベル(ちょっと安心しちゃったりしてます)
・C県は古文大好き
 →レベルは高くないので、数をこなし、精度を上げよう!
・作文あり
 →時間配分に注意し、作文に使える時間を確保する!
・漢字
 →漢検3級レベル
・塾の中二授業が理解できていれば高得点が狙えます(受講してないしー)


数学の先生より

・一番差がつく教科です
 →英語や国語はみんな満点近くとってくるので、この数学で差がつきやすい。
   特に難しい年ほど差がつく。
・上位志望者は75%は得点できる問題で残り25%が取れるかどうか
 →私立上位校むけの勉強で、いわゆる難問も解けるようにしておく(やはりそうきたか、、、)


英語はみんな満点狙い、なんて聞くと緊張しちゃうね。退塾しちゃうから。
しかもね、自分学習の「関係代名詞」の単元を
「ウルトラスーパー〇△□×☆超重要!」と表現してましたよ
ぎゃほっ
チェックしたところによると、関係代名詞を使って二文→一文とか、(  )穴埋めとか、
そんな問題が多いみたい。
さらに、いつだか指導要綱が変わって、中学で学ぶ用法が減ったらしい。
公立入試は問題ないけど、併願私立には普通に出題されるんでしょうね。
一緒に学んで対策するしかないかなーと思いつつ、自分で理解できたらすごいじゃん?!

まだ時間あるから、とりあえず自分勉強を応援します

決めた!

2015.03.08 17:02|塾and模試
さんざん迷い悩んできた、部活引退夏休みまでの勉強方針(英語)がついに決定しました!


塾をこの3月で一度退塾します。

理由は4月から通塾の曜日が変わり、部活との両立が難しくなるからです。
加えて決断した理由はもう一つ。
塾の進度が早かったため、未習は「関係代名詞」のみとなりました。(英語のみ通ってます)
別の手段でこの分野のみ学習できれば、
とりあえず中学英語の先取りという目標は達成できるわけです。
そこで個別、家庭教師、問題集、通信教育等を調査検討した結果見つけたもの。

Z会難関国私立コース英語でカリキュラムの順番を入れ替える!

対象とする志望校がいわゆる難関校の中学生向けで、復習を繰り返しながら先取り学習をし、
夏までに中学英語を完成させることを目的としたコースです。
リストアップされているのは国立、私立の難関校
志望校ではないんだけど。

これが今まで通ってきた塾の英語の進度となんとなく合致するんです。
こちらのコースの一般的なカリキュラムだと、3月(新中3コース)からは
現在完了の復習、不定詞の用法確認などの次に関係代名詞と予定されていますが、
これを先に関係代名詞にしてもらうことで、その後は重要単元の復習とできるんじゃないかなあ、
と考えました。

実はにゃごまま、英語詳しくなくて 苦笑
完全ににゃご主導のもとの決定です。
これはやった、これはやってない、って確認したら、関係代名詞だけが残った、という結論で、
本当は先にやったほうが良い復習や発展の単元もあるのかもしれません。

だから、これでいいのかわかりません

でもこの方法だと、部活を休んだり、早退したり、そんなストレスから解放されるので、
夏までのにゃごにはこの方法がベストなのかな~

カリキュラムの変更は単元ごとに細かく対応してくれるようで。
さらに、到着日も前倒ししたりできるようで。
知らなかったよ~

先日、教材到着しました!!!
新カテゴリをZ会にして、続きはあらためたいとおもいます。

塾ね、
情報がたっぷりあったし、進度の早さがドキドキして楽しかったそうで、かなーり後ろ髪ひかれてます。。。
でも、引退後の夏休みからまた通ってもいいし、塾にそう伝えてありますので、必要であれば再通塾もアリです。
今日は塾の「公立トップ高合格への道」というイベントに参加して、たくさん刺激をもらってきました。
勉強をやめるわけではなく、両立するにはこの方法、というチョイスですので、
夏以降通塾生と差が出ないように、より一層の努力が必要ですわよ~


ちなみに、「やっぱだめだわ~」となった場合、
塾系列の個別指導で塾テキストを使った単元のみの短期学習をお願いするつもりです。
自分でいけるかいけないか?!
ミッションスタート

I塾模試結果

2015.02.24 22:36|塾and模試
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

塾が方針を変えた?!

2015.02.13 23:17|塾and模試
春期講習、および新年度の案内パンフが手元に届きました。
いよいよね~なんてページをめくり一通りながめて、あることに気づきました。

「単科受講」という設定がなくなっている

にゃごがこの塾を選んだ理由の一つは、3教科もしくは5教科のセット受講をしなくてよい
というところでした。
苦手な分野のみ受講できて、週末の授業が選べて、人数受ける模試がある。

なのに、なのに、
中三になると平日の授業になって、部活を早退しなくてはならないだけでなく、
1教科で受講できないの???

早速にて問い合わせ

「夏までは部活など学校生活をメインにしたい」と伝えました。

でも「もう3年生になるから、3教科もしくは5教科は必須」だそうで。
あんまり強い言い方ではなかったので、春期講習は部活の都合で英語しか通えない旨
納得してもらいました。新年度も、夏まではたぶん分かってくれるかな。
でも、夏期講習は目一杯必須ですとか言われそうな雰囲気。
夏以降は・・・

本当に5教科必要なのかなあ?
塾は自学で不足する部分を補うために行くところでしょ?
行かなきゃ高校受験できないわけじゃないでしょ?
全てが有効な時間だとは思えないんだよね。

「英語を苦手科目から得意科目にしたい」その目的を達成するのに、
セット教科受講は違うんだよな~



単科受講がなくなった以外にも変わった点。
クラス分けがいままで2段階だったんだけど、近隣の教室含めると3段階に増えるようです。
中堅高校目指すクラスが新設されるよう。

より一層生徒を獲得し、利益を追求するため、経営方針を変えてきたようにも思えます。
やっぱり塾も商売なんですよね。
仕方ないけど、、、
堂々と単科受講できず、肩身の狭い思いをするかもしれなかったら、
こちらに通い続けることはできないかもなー
と、ぶつぶつ言ってるにゃごままです。

集団塾の良いところは、競う仲間がいること。
でも、もしかしたら我が家の求めるトコロはセット受講を勧める集団塾ではなく
オリジナルに調整してくれる個別や家庭教師なのかもしれませんね。

だいぶ前から中三の方針について悩んできてたけど、
ここにきてまたちょっと悩みが増えちゃいました

基本、なんとかなるさ!という考えだけど、なるべく良い方向にすすむようアタマをつかってみますか。

「高校入試の基礎知識」

2015.02.12 21:19|塾and模試
塾で開催された上記のイベントに参加してきましたお父にゃんが。

余談だけど実はこれ、我が家では驚きの出来事
普段は子育ての遊び担当なので、粗相のないようにちゃんと聞いてこれるか心配でしたわ~ 笑
思いの外、メモなどとりつつ、しっかり聞いてきてくれました。ありがとー



基礎的な内容が多かったようですが、お父にゃん的に心に残ったメモは以下の通り

首都圏の入試はC県私立から始まる(→他県より早いんだね~)

来年の公立入試は前期2/9.10、後期2/29(→1年切ってる~
※C県の公立高校入試は今のところ前期と後期があり、2回受けられます。
そのうち一本化しそうなんだけど、にゃご達の受験はやや前期に多く入学者を決定するらしいけどまだ2回です。


受験は1月後半からだけど、志望校の決定は11月の三者面談。
つまり、9月10月の実力テストや模試で結果を出さなければならない(→夏が天王山と言われるゆえんなのね)

どれだけ早く受験生の本気モードになれるかがポイント(→親が焦ってどうしようもないんだけどね~)

夏までの模試は中1中2の内容が大部分。復習&レベルアップを計画に組み込もう!
(→ふむふむ。英語は文型、数学は関数と図形が大事なんだって)


つまり、
いち早く受験生モードになり、中1中2の復習を始めて、
夏に超頑張って、秋の模試で結果を出せってこと
かしら。。。

部活もあるし、修学旅行なんかもあるし、体育祭に、何やらかんやらあって、想像するだけで苦しー
その通りにできなくても、赤字を頭に入れつつ、後悔のないように行動できるといいのかな。
考えつつ受験生に突入するだけ良いと思ってればいいかな?


今日明日は公立高校の前期入試が行われています。
(にゃごの学校では同時に中1中2の期末試験も行われています)

先輩方みなさん、本来の実力が発揮できますように。ガンバレー!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。