02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

にゃごまま

Author:にゃごまま
「にゃご」高1の母です。

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

▼o・_・o▼コンニチワン♪

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中3後期通知表

2015.03.31 21:30|学校
あと数時間でにゃごは中学3年生になります

中学入学してもう丸二年経つんですね。
本当に早いっ
最近にゃごと話していて、「大人と話しているみたい」と思う回数が増えてきました。
精神的にもぐんぐん大人になりつつあるんだな~
あっという間に守ってもらう立場になりそうです 笑


さて、中2後期の成績。
前期のミラクル・・・体育5は4になってしまいました残念
「安全についての思考判断」がBに↓
捻挫して、跳び箱の授業をまともに受けられなかったからかなぁ
仕方ないか~ 
やっぱり一生に一度のミラクルだったのかもね

その他は変動なく、結果、
社会、美術、体育→4 以外は→5 
合計 42/45

このまま順調にいけば、3年間で125前後(135満点)という目標は達成できそう?!
がんばれーーー

学校の三者面談対策は内申に加えて、学校で行われる業者の実力テストらしいので、
そこでちゃんと結果が出せるよう、学校の成績では測れない真の学力をつけていきたいですわね、
にゃごちゃん

体育のミラクルはなかったんだけど、今回美術の観点評価が少ーし↑ 5に王手
そんなところから3年前期はオール5狙ってみるそうです(!)が、
「テストはノー勉で臨む」と矛盾したこと言ってます。
おそらくノー勉でも学校のテストで高得点が取れるような勉強をしていきたい
ってことだと思うんだけどね。
実現できたらすごいわ


今回の通知表で嬉しかったこと

①行動の記録で○が増えてました!!!
1年前後期は4個(少ない?笑)
2年前期は5個⇒後期6個
認めてもらえるような行動ができたということでしょうか。
がんばりました!

②総合所見に「前期より前向きにクラスを引っ張ることができました」とありました!!!
合唱コンクールで頑張れたってことだよね
最後はクラスが一つになれたと思ったのは間違いじゃなかったんだね!
良かったね~
にゃごの学校は中2から中3はクラス替えなしの持ち上がりです。
次回の合唱コンはさらに団結し、是非とも金賞狙いで


中3にむけて~英語~ は只今手さぐりで学習中のため、まとめた記事にできないコトに気づきました。近いうちに経過報告しまーす。
スポンサーサイト

ソロコン④

2015.03.29 00:34|学校
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

春到来

2015.03.28 11:02|にゃごまま
リアルライフが忙しく、更新が止まってしまいましたーーー

気温上昇と共に仕事が忙しくなり、子供たちのイベントも続き、、、
日々、ぐるぐるまきの猛烈ダッシュ

誰か分身の術教えて~~~

そんな毎日ばたばたのにゃごままです。


梅が散り、
桜の蕾がふくらみはじめ、
枝の新芽に緑が見え、沈丁花の良い香り。
ウグイスの鳴き声もだんだん上手になり、
筍探しの人を見かけるようになり、
灯油の減りもゆっくりになり、
コートがいらなくなって、
・・・・・・・・・・・

春到来


今年は、3月11日にウグイスの初鳴きを観測。
気象庁が発表している我が県の2015年初鳴日は16日でしたので、
我が家の地域はちょっと早かった
生物季節観測の情報

玄関の山椒についているカマキリの卵二つ。
去年はカマキリ母にアゲハの幼虫を全部食べられて、一度も羽化の観察ができませんでした
で、最後に残したこの卵。
ここで孵れば、食べ物に困らないっていうカマキリ母の計らいなんでしょうけど、
アゲハのための山椒なので(笑)
カマキリ卵は飼育ケース行きー 早くしないと、ここで孵っちゃいそう

そして、芝生より先にぐんぐん緑になる庭の雑草たち。
雑草との戦いもせねば

春ですな~~~


今日は久しぶりに自分時間が取れそう
頭にある書きたいコト、書こうと思います

スプリングコンサート♪

2015.03.22 17:23|学校
にゃごの部活では、夏のコンクールで3年生は仮引退し、
受験が終わった3月、再び部活に参加し卒業式後のスプリングコンサートをもって引退となります。
今日はその当日でした。

先輩方の学年は人数が少なく、運営学年は本当に忙しく大変だったことと思います。
後輩保護者の一人として、大変感謝しております。
ありがとうございました。

1.2年で演奏後、3年生も加わったその演奏は、やはり迫力があり、
夏のコンクール演奏曲はなんとも感動的でした

一年後は見送られる立場なんですね。
早いなー

まもなく3年生としての日々が始まります。
一年後の最後の一言を「やりきった」と自信をもって言えるように。
後悔のないようにできるといいね。

Z会スタート!

2015.03.19 23:46|Z会
英語の学習を書く前に、Z会の話をざっくりと。

3月から中三コースがスタートしましたっ
受講科目は
・難関国私立コースの英語レギュラーコース(カリキュラム変更)
・入試特訓コースの社会
とりあえず二科目。英語は文法の先取りが目的、社会はペースメーカーとして。

英語
<届いたもの>
①ZStudyサポート中三英語(学習の要点がまとまった参考書。単元ごとに小問がある)
②添削問題2回分(簡単なまとめ→少し問題→添削取組み)
③高校入試突破シリーズ英語(今できる入試問題)
④定期テスト攻略ワーク英語(通学中学の教科書出版社別)

このうち、①④は一回、②③は毎月きます。

基本の流れは
ZStudyにて単元の確認→少し問題解いてみて→添削問題①
→添削後、解説と復習問題がきて→添削問題②(→解説と復習問題?まだここまで到達していません)

ガリガリ問題を解いてから、テストのように添削に取り組むのかと思っていたのですが、、、
ZStudy(=参考書)を見ながら自分で理解し、添削に取り組むんですねー

にゃごは最初、ZStudyさーっと読んで、添削①をささっと取り組み「これだけ?」となめた言葉。
しかし、返却された答案は、前半(基礎)は良くできていたけど、後半(標準)がダメダメ。
やったつもりでできていない! ←通信教育あるあるでは?
理解して添削に取組むという勉強ができていないと判断しまして、ZStudyの取り組み方を考えました。

一年間通っていた塾の英語、
実は教えてもらって問題に取り組む、のではなく
予習として自分で学習し、問題演習、丸付けまでして、分からないことを明確にした上で、授業に参加、
授業後はホームワーク用の演習テキストにて復習という流れでした。

同じように学習を進めるのに、足りないものは何?⇒印象に残る授業?ということで
「自分が教える立場だったら、この単元をどう教えるか?」
何が分かりづらく、どう噛み砕けば理解しやすくなるのか?重要なポイントはどこか?
何ができるようになればいいのか?
それを、小単元B5ルーズリーフ1ページにまとめてもらうことにしました。
先生になったつもりで板書です。
きちんと理解しないと、誰かに教えることはできません。
ZStudyで足りなければ、参考になる資料を探さなくてはなりません。
ZStudyで分かりづらければ、分かりやすい資料を探さなくてはなりません。

ちょうど、ここに英語力に乏しい人間発見(=にゃごまま)
にゃごままが読んで分かるように書いてください、とお願いしました

添削①部分、関係代名詞whoとwhomの勉強し直し。
whomはwhoで代用が可能(今はそう覚えるらしいです)なところが、
きちんと理解できていなかったことが分かったようです。
そして、なかなか良いルーズリーフが出来上がっていました

復習問題に取り組み、今日は添削②の勉強と添削の前半終了。
添削②の返却を待ち、勉強方法をまた確認したいと思います。


高校入試突破シリーズは各月のテーマに基づいた問題集です。
今月は「今すぐ解ける入試」
実力テストが終わるまで取り組まない、と決めていたので、今週末取り組むのかな。


そしてにゃごままが食いついたのは、意外にも定期テスト攻略ワーク!!!
すごく充実した教科書対応の問題集です
自分の勉強と学校の授業が離れている教科は、テスト前の勉強について悩むところ。
学校のワークじゃ足りないし、全文覚えるにも時間が足りない。
そんな時、コレ解いてバツだけ確認すれば、高得点につながりそうなくらい、充実してます。
他教科も売ってたら、買いたい!!!!!
(受講しないとゲットできないらしく、、、国語と数学と社会がどうしても欲しいので4月は4教科受講します 苦笑)


<3月の感想>
・思っていたより問題が少ない⇒自分で勉強するキッカケと考えるとちょうど良い
・英訳、和訳の添削が減点法で精度が高い⇒家庭では(にゃごままには)できない。解答に不安が残る部分も解決できる。
・定期テスト用ワークがすごくいい!!



社会
<届いたもの>
・入試特訓テキスト社会

1週間に1回取り組むように作ってあり、4週目に添削に取り組みます。
問題数が・・・少ないです。
ペースメーカーと割り切れば納得ですが、これだけではなんともならない気がします。
同じ範囲のメキメキも義務付けないと、ちょっと意味がないかな~との感想。

通常の講座と併用できないと書いてあったので、
通常コースの高校入試突破シリーズと何が違うのか確認したところ、
この入試特訓シリーズ高校入試突破シリーズの抜粋問題らしいです。
重複するので、別々にとる必要はないとのこと。
「問題数が少ないと感じるのですが」と質問したところ、その場合はレギュラーコースを受講してくださいとのこと。

その違いを確認したい気持ちと、定期テスト攻略ワークが欲しいので、
4月はレギュラーコースでお願いしてみます。

<3月の感想>
・ペースメーカーにはなるけど、問題が少ないので、勉強を進めるうえでの必要性はさほど感じなかった
⇒自分で夏までの計画を立ててやっても良いかなと思いました。
・次月の変更が電話一本ですぐできるので、勉強のカタチが決まるまで試しやすい



志望校判定Vテスト

<届いたもの>
・5教科記述模試

志望校により回答する問題が異なる。
志望校に難関高と以外が混在する場合は、両方解かねばならず、その場合各教科70分
早く終われば切り上げられるところが在宅模試の良いところだと思いましたが、
70分×5教科は丸1日かかります

学力テストと実力テストに向けての勉強で手一杯だったので、特に対策せず取り組みました。
返却はいつごろかなあ?

結果が返却されたらあらためて記事にします。


とりとめないけど、今のところの感想はこんな感じ。
記述問題の添削は、自宅学習の場合、通信教育に勝るものはないかもしれません。
ワークが欲しいからだけではなく、そんな意味で国語の添削も確認したいので、4月は国語も受講します。
数学はワークが欲しいのと内容のレベルを確認したいので、こちらも4月受講。
理科に関しては、Vテストの問題に面白いものがあったので興味深いんだけど、
自分学習が満足いく内容で、逆にペースが乱れてしまうと困るので受講しないことにします。
夏以降の入試演習ごろ再検討予定。

添削の返却が郵便より先に、ネットで確認できるのと、提出もカメラで撮ってメールでできるらしく、
スゴイ時代だわ!と感動してます。(今月は郵送で提出しました)
ipadアプリもあり、暗記帳を作ったりできる?
使いこなせれば時代に合った勉強法かもしれないな~なんて。

2,3か月は様子見で色々やってみるかもしれません。
サンプルだけでは判断できない内容もたくさんあるので、受講前に実際手に取って中が確認できると良いのにね。

SWIM

2015.03.15 22:42|にゃごまま
おともだちブログで紹介されていた「奇跡と呼ばれた学校」という本、
興味があったので早速図書館で借りてきました

堀川高校

子供の力を信じて教育改革を行った、すばらしい学校と先生のお話です。
著者の先生の気持ちが深いっ!!!
この手の本で涙を流す人はそういないと思いますが、私は感動しました

先日のにゃごままカテゴリでもつぶやきましたが、
学生時代というものは何のために今勉強しているのか、目的は何なのか、
時として分からなくなるものですよね。
そんなとき、今の学習はこんな風にカタチになるんだよ!活用できるんだよ!と
段階に応じて教えてくれる人がいたら、「そうか!」と今の学びの意味を知ることができます。

「子供たちに内在する力を引き出したい」その言葉に先生の教師としての職人魂を感じました。
子を育てる親として、大切なものを教えたもらった気がします。
上手く文字にできませんが、このような理念を持つ教育者がいることに感動

この本の結びに「SWIM」という詩の一部が載っています。学校説明会で在校生が群読をしたそうです。
作者は書いてなかったのですが、
堀川高校HPの過去記事を読むと、国語の先生だった荒瀬先生(著者)が作られたものではないかと。
著作権等あると困るので、こちらでの掲載は避けますが、
学校HP(2011.9.20ごろの校長室から)に全文がありました。

若者たちにぜひ読んでほしい。

感動します。


ご紹介いただきありがとうございました<(_ _*)>

              

「題名のない音楽会」司会者であり指揮者でもある佐渡さんはこの堀川高校のご出身なんですよね。
音楽科が独立して今は別の高校となっているようですが。

いや~それにしても今日の弦楽四重奏はすごかったですね
弦楽器であんな音が出せるなんてびっくりしました。
激しすぎて弓の毛(?)が切れてましたね。。。よくあることなんでしょうか?
音楽と怒りをつなげて考えたことなかったし、見た目と演奏のギャップも良かったし、
30分テレビに釘づけのにゃごままでした


              

図書館で上記の本を探していたら、教育コーナーへたどり着きました。
もう読みたい本だらけで
「塾なしで受験・・」とかそんな題名の本とかね。
読める時間があるか?ってとこだけど9冊も借りちゃった。

雑誌コーナーではプレジデントファミリー最新号。
なんとなく開きましたが、著名人の子育て論(受験論?)がいくつも掲載されていて、
これまたいちいち感動 笑
最新号なので借りれませんでしたが、買ってもいいかなーと思いましたよ。


以上、グダグダな記事になってしまいスミマセン 苦笑
次回は中3にむけて最終回、~英語~を書こうと思ってます。

『合格への道』

2015.03.13 21:19|塾and模試
先日行われた塾のイベントに、にゃごと参加してきました。
 (塾生でなくても参加できるイベントです。塾の宣伝もかねてるからね。3月はまだ塾生ですけど)

その名も
『県立C高・F高 合格への道』 →オーバーなネーミング好き


まずは県立高校の入試システムについて
前期と後期があり、前期に不合格の場合、
受験校を再検討してもう一度公立高校の受験ができます。
2回あっていいよね!と思っていたけど、2回に分けて合格者を決めるので、
不必要に不合格を経験する人が増え精神的な負担が大きい、という意見もあるようです。
併願の私立をどうゲットしたかによって、前期チャレンジするとかしないとか決める人が多いみたい。

一般的な公立高校の入試は、内申+当日の入試得点で決まるんだと思うけど、
C県前期入試の公立上位校は、当日の入試勝負!
内申は入らないか、入っても半分程度(学校によって割合が決まっています) 
その日にいかに力を発揮できるか、にかかっているってことで。
体調管理とか、モーレツぴりぴりしそう
内申が悪い人でも、実力さえあれば合格できるってことでもあるんだけどね。

ちなみに後期は内申135満点(45×3年間)がそのまま入試に加点され、選抜材料となります。

でね、先日も書いたけど聞いてびっくりその倍率
にゃごの現段階志望校のF高普通科は前期3倍以上不合格者400人以上
後期は2倍以上不合格者約150人
これを確実に合格にもっていける実力ってどのくらいなんだろうね~
なんか夢物語なんじゃないかと、、、イカンイカン弱気になるのは早すぎっ

そのくらい厳しいので、本気にならなアカンぜよということよね。


英語の先生より

・難度としたら容易な試験
 →つまり、ミスが命取りなテスト。2問間違えると黄色信号点滅らしい。
 →上位校を目指す人はほぼ満点ねらい(マジっすか
・「ケアレスミス」という言葉は忘れましょう
 →できたはず、という勘違いにつながるので、ケアレスミスを免罪符に使うな!
 →真に定着したものは忘れないのだ!
・リスニングは英検3級レベル
 →公立志望なら、これに向けて特別やらなくても分かる内容


国語の先生より

・文法問題は深く出ない
 →中二レベル(ちょっと安心しちゃったりしてます)
・C県は古文大好き
 →レベルは高くないので、数をこなし、精度を上げよう!
・作文あり
 →時間配分に注意し、作文に使える時間を確保する!
・漢字
 →漢検3級レベル
・塾の中二授業が理解できていれば高得点が狙えます(受講してないしー)


数学の先生より

・一番差がつく教科です
 →英語や国語はみんな満点近くとってくるので、この数学で差がつきやすい。
   特に難しい年ほど差がつく。
・上位志望者は75%は得点できる問題で残り25%が取れるかどうか
 →私立上位校むけの勉強で、いわゆる難問も解けるようにしておく(やはりそうきたか、、、)


英語はみんな満点狙い、なんて聞くと緊張しちゃうね。退塾しちゃうから。
しかもね、自分学習の「関係代名詞」の単元を
「ウルトラスーパー〇△□×☆超重要!」と表現してましたよ
ぎゃほっ
チェックしたところによると、関係代名詞を使って二文→一文とか、(  )穴埋めとか、
そんな問題が多いみたい。
さらに、いつだか指導要綱が変わって、中学で学ぶ用法が減ったらしい。
公立入試は問題ないけど、併願私立には普通に出題されるんでしょうね。
一緒に学んで対策するしかないかなーと思いつつ、自分で理解できたらすごいじゃん?!

まだ時間あるから、とりあえず自分勉強を応援します

卒業式

2015.03.11 21:50|にゃごまま
今日はにゃごが通う中学の卒業式でした。
あと一年あるけど、本当にあっという間なんだね、中学って。

中学生の子育ては短く感じるけど、自分の中で中学時代ってすごーく大きなものです。

勉強、部活、友達・・・
ココロもカラダも人生で一番大きくなった。
中学時代に得た友達は今も友達。
なんで勉強するの?って思ったし、勉強って楽しい!とも思った。
大人に対して敵対心をもったり、早く大人になりたいって思ったり。

私、悪い子じゃなかったけど反抗期はしっかりあって、
母親に「く〇ばばーっ」て言い逃げしたけど(言って怖くなったの)、
追いかけられて「大人に向かってなんてこと!!!」ってビンタされたことあったな~ 笑
しつけが厳しかったから、色々我慢しきれなくなって爆発したんだよね。
にゃごにそんなこと言われたらどうするかな?
やっぱり追いかけるかな~

にゃごの反抗期、、、
小6~中1?
よく意見がぶつかって、泣きながら話し合ったりしたけど、それが反抗期だったの?
なんだか今はすごく落ち着いててぶつかることもなく、逆に大人同士みたいに
意見交換を深夜までしたりして、母はにゃごとの語らいの時間を楽しんでます♪

無性に腹が立つ~とかもなさそうで、反抗期終わった?
それともこれから? 笑
これからでも受けて立つよ!楽しく戦えそう
とかいってて、しばらくしたら泣き言言ってるかも 爆


          

C県の高校受験はそろそろ終了でしょうか。
実は最近、すごいことに気づいちゃってドキドキ。

公立志望でも、不合格になって私立に行くことになったという話をよく聞くんです。
他県もそうなんでしょうか?時代?

私の時代は成績や学区での割り振りがきっちりしてたから、不合格になる人は極めて稀でした。

今のC県の上位公立校は倍率2倍以上は当たり前で。
不合格覚悟で受験に挑むイメージ?
併願する私立もいわゆる滑り止めだけでなく、公立と同レベルも数校受けたり。
塾のオススメ併願作戦は4~5校だったりします

だから塾で口酸っぱく「併願する私立のレベルに合わせた勉強を!!!」と言われてたんだと、
気づきましたよ

第一志望が公立上位校だった場合、50%は私立に行く可能性もある?から
併願する私立も本気で検討していかないとダメ?
学費が心配なら、少し下げた高校で特待生をねらうとか?
にゃごままのアタマグルグルまき~
難しい

にゃごに怒られそうだけど、こっそり色んなパターンの研究してみます。

決めた!

2015.03.08 17:02|塾and模試
さんざん迷い悩んできた、部活引退夏休みまでの勉強方針(英語)がついに決定しました!


塾をこの3月で一度退塾します。

理由は4月から通塾の曜日が変わり、部活との両立が難しくなるからです。
加えて決断した理由はもう一つ。
塾の進度が早かったため、未習は「関係代名詞」のみとなりました。(英語のみ通ってます)
別の手段でこの分野のみ学習できれば、
とりあえず中学英語の先取りという目標は達成できるわけです。
そこで個別、家庭教師、問題集、通信教育等を調査検討した結果見つけたもの。

Z会難関国私立コース英語でカリキュラムの順番を入れ替える!

対象とする志望校がいわゆる難関校の中学生向けで、復習を繰り返しながら先取り学習をし、
夏までに中学英語を完成させることを目的としたコースです。
リストアップされているのは国立、私立の難関校
志望校ではないんだけど。

これが今まで通ってきた塾の英語の進度となんとなく合致するんです。
こちらのコースの一般的なカリキュラムだと、3月(新中3コース)からは
現在完了の復習、不定詞の用法確認などの次に関係代名詞と予定されていますが、
これを先に関係代名詞にしてもらうことで、その後は重要単元の復習とできるんじゃないかなあ、
と考えました。

実はにゃごまま、英語詳しくなくて 苦笑
完全ににゃご主導のもとの決定です。
これはやった、これはやってない、って確認したら、関係代名詞だけが残った、という結論で、
本当は先にやったほうが良い復習や発展の単元もあるのかもしれません。

だから、これでいいのかわかりません

でもこの方法だと、部活を休んだり、早退したり、そんなストレスから解放されるので、
夏までのにゃごにはこの方法がベストなのかな~

カリキュラムの変更は単元ごとに細かく対応してくれるようで。
さらに、到着日も前倒ししたりできるようで。
知らなかったよ~

先日、教材到着しました!!!
新カテゴリをZ会にして、続きはあらためたいとおもいます。

塾ね、
情報がたっぷりあったし、進度の早さがドキドキして楽しかったそうで、かなーり後ろ髪ひかれてます。。。
でも、引退後の夏休みからまた通ってもいいし、塾にそう伝えてありますので、必要であれば再通塾もアリです。
今日は塾の「公立トップ高合格への道」というイベントに参加して、たくさん刺激をもらってきました。
勉強をやめるわけではなく、両立するにはこの方法、というチョイスですので、
夏以降通塾生と差が出ないように、より一層の努力が必要ですわよ~


ちなみに、「やっぱだめだわ~」となった場合、
塾系列の個別指導で塾テキストを使った単元のみの短期学習をお願いするつもりです。
自分でいけるかいけないか?!
ミッションスタート

A or B ?

2015.03.06 23:29|学校
A、Bの人数等が違ったようで、スミマセン訂正しました。

先週、今週と吹奏楽部の保護者会がありました。
2回もあったということから、濃い内容だったことは想像つきます・・・ね

文化部なのに運動部より活動時間が長く、休みも少ないので、
活動の日程や内容、また用事でお休みする場合の扱い、その他もろもろ、
各家庭、顧問の先生、学校それぞれ考え方が少しずつ違う部分がズレとして浮き上がった、
というところかな。

我が家としては、
理不尽な経験も含めて、部活動への参加で得られる経験は
全部人生のプラスになると思っているので、不満とか、、、実はないのですけど。

社会に出たら、
納得のいかないお客さんや上司や、我慢しなくちゃならない下積みも、
あたりまえのように沢山あるわけだし。

一人だけが頑張ればどうにかなるものではない。
全てが思うとおりにはいかない。
どうすれば理想に近づけるか。
もがいて、もがいて、手段を探す。
そんな経験をして欲しいと思っています。

「全ては子供を思うが故」の意見でしたが、
今回の保護者会を通して、色々な考えに触れることができ、にゃごままにとっても良い経験でした

この話し合いがプラスになりますように




議題の一つ、「夏の吹コンの参加部門について」

A or B ?

A・・・上限55人までの編成のことで、課題曲、自由曲 2曲演奏→全国大会まで
→中学は50人以内

B・・・上限30人までの編成のことで、自由曲 1曲演奏→ 県大会まで
→30人以内で県大会の次の地方大会まで

他Cもあります。
人数と演奏曲数の違いだけに感じるんだけど、その違いが大きな違いとなるのでして。

まず、
Aに出るなら全員出場可能。
すでに練習を始めなければならない内容で、夏までノンストップハードな練習
子供にも先生にも保護者にも負担増

Bに出るならオーディションで出場メンバー選出、つまり出れない子ができてしまう。
練習はそこそこ、新年度になってからでも間に合うのかな?
今までのペースでいけるのかな?

にゃごが1年生の時はA、2年生ではBに出場。
A、Bそれぞれに課題があり、悩ましいところだったんだけど、
子供たちの選択は、迷わずA

同じ働く女性として、先生の負担増が心配ですが、
子供たちの選択を快く了承していただいたようで、ありがたいことです。
保護者としてできる協力はせねば、ですね。

強豪校には出遅れましたが、出場部門も決まり、さっそく選曲
最後の吹コンに向けてスタートです

勉強と部活の両立
中学校生活で一番大きな山が目の前に迫ってきました

中3にむけて~国語~

2015.03.02 21:35|中2学習
国語

なんとなく以下のように分野が分かれているような気がする国語。
①小説読解
②論説読解
③随筆、詩、短歌
④文法
⑤古典
⑥漢字

一言で国語と言っても、意外と内容それぞれ奥深いですよね。


①②③
もともと読書は大好きで、
小学生の時は学校に本を持参しすぎてランドセルの金具が壊れてしまったほど
なので?読解問題には今のところ難はないようです。
が、いつも読みやすい文章が出るわけでもなく、やや読みづらい文章にも慣れてもらおうと、
購入したのがコレ↓

システム

現代文のカリスマ出口先生の高校受験向けのシリーズで、
論理完成編、公立高校編、難関高校編と続きます。
使用目的は、解答を導くコツを覚えてもらおうというところ。
問題を解く上で、知ってるとよいルールがこの中にあるんじゃないか、という想像です。

入門編は2周ほどしたようで、現在は完成編ですが、
定期的に取り組んでいるわけではなく、、、夏以降は時間もなく、、、放置中
時間を作って難関高校編まで取り組みたいな~(遠い目)

それより今は、文法を先にやったほうが良さそうなんで 苦笑


文法の参考書はたくさんあるんだけど、
問題の量がどうも少なくて、要求にぴったりくるものは見つけられず。
悩みつつにゃごがチョイスしたのはコレ↓

国文法

要点のまとまりと、問題数はそこそこ気に入っているようです。
が、まだ自分のモノになっていないので、自分の解答に自信があるレベルにはなっていませんね~
つい最近2周目が終わったところ。
覚えちゃえば問題ないと思うんだけど・・・ね。


6年生の時に、「ちはやふる」で百人一首にはまったにゃご。
筆ペンで和歌とその意味を紙に書いて、うっとりしたり、トイレに貼ったり、
その言葉一つにこめられた深い深い意味に感動してました
だもんで、ついでに古文やっちゃおうか!
なんて中学入学早々購入したのがコレ↓

とってもすっきり

普通の文法も理解せずに、古典文法なんてやったもんだから、スタートは???でした 笑
強引に取り組んで、こちらも2周。
学校でも古文が出てくるようになり、ようやく「あーそーなんだ!」ってなってきたみたい。

でも正直、問題集はあまりワクワクする内容ではないらしく・・・
最近は、「現代語訳から入ることにした」と言って、

古典1

これで宇治拾遺物語と十訓抄を読み、

古典2

今はこれで今昔物語を読んでいます(ストーリーで楽しむ日本の古典シリーズ)。
今回は「若おかみは小学生」シリーズの作者さんが訳しています(たぶん我が子は読んでないけど)。

そんな方法もアリかな、と見守り中


1年生で漢検3級をとり、その余力で今まで漢字は苦労していなかったのですが、
1月にうけた塾模試で漢字で失点しまして
やっぱり3級では限度があるかも、とにゃご。
そんなわけで、中3では検定試験を受けないつもりだったんだけど
漢検準2級を受けようかと勉強を始めました。
実は、3級合格後すぐに問題集は購入していて、取り組んでもいたんだけど、
他にやること満載だったので、数ページで本棚入りしてたコチラ↓

漢検

学習途中の日付がちょうど一年前で笑ってました。


こうやって見ると、色々買ってやってるんだな~と思っちゃいます。
でも、塾や通信教育やってたら
各分野からのチョイス問題が一まとまりになっている教材を毎月学習しているわけで、
それを自分でやると、こんな量になっちゃうんですよね。

その手間を省けるのが塾や通信教育の最大のメリットなんだろうな、やっぱり。
そこをプロに依頼するか、自分で考えるか。

教科によってどちらがいいか。
悩むわ~~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。