06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

にゃごまま

Author:にゃごまま
「にゃご」高1の母です。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

▼o・_・o▼コンニチワン♪

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回考査 考察①

2016.07.11 23:48|高校生
今日から返却です。
前回(第一回)は振り返りを記事にするのに時間がかかってしまったので、
今回は手短に返却順で考察したいと思います。

地理B

第一回の結果が思わしくなく、さてどうしようかと思ったようで、
「中学の時の教科書ワークのようなもの、作って」とのご依頼がありました。

わたくし、社会苦手だったんですけどね
売ってないって言うから仕方ない。
がんばりました 数十ページ 涙
教科書隅々まで、これでもかって内容のオリジナルワーク完成!

これだけやれば、クラストップも夢じゃない?!
ハズだったんだけど・・・アレ???

平均は越えたものの、ちょい越え程度。

どうやら、教科書レベルを超えているらしい。
つまり、授業での学習内容から、自分で復習演習しっかりして、知識引っ張り上げろよってことじゃないか?

購入した語句集や問題集を見て、
「学校でここまで深くやってないから、今回はやらなくていいや」
と言ってたけど、
ソコが必要!!!で。

だって、そうだよ。
良く考えたら、この一年の終わりにはセンター地理Bが解けないとおかしいんだもん。
範囲の語句集できなくちゃダメなんじゃないの?
第一回では、単純に暗記が甘かったせいにしてたけど、違う違う。
きっと、やってる勉強が浅いんだよ。

ふぅ~

センター向けの地理B参考書&問題集を用意して、
少なくとも第三回考査の範囲までは、夏休みにガチっと固めたいよね!よねっ!!


生物基礎

第一回が良かったので、慢心してしまっていたようです。
ありがちですね。
まあ、そんな甘くない世界にいるってこと気づけたでしょう。

平均を割ってしまいました。

今回は取り組みやすい(=基礎レベル)リードライト中心に勉強したら、
知識が足りなくて記述がダメダメだったとか。
プラス、実習生による授業の範囲の知識が欠落してたとか 涙

(前回の振り返りで生物の副教材がリードαと書いたけど、「セミナー」という問題集でした 謝)

では、セミナー中心だったらイケたのか?というとそうでもなく。
生物もやはり、自分でもっと引っ張り上げろよ系科目だと・・・
今回は、東大の問題から引っ張ってきたってのもあったらしいし

授業→基礎問題集&副教材⇒センター用問題集

次回は、この段階にまで持っていってもらいたいです。
そして、その知識が考査に太刀打ちできるのか、確かめてもらいたいですっ!

きっと、たぶん、
この二回の考査で、先生達はそれを伝えたかったんだとまで思えてきました。
授業、予習復習、そして演習で活用法を身に付ける。

「君たちならできるよね?」

・・・そんな声聞こえてこない?
スポンサーサイト

2016.07.09 22:06|高校生
「見て見て~!すごいの~♪」

持ち帰ったのは、にゃご高オリジナルの「進路のしおり」
毎年この時期に新刊が出て、すでにウン十年更新され続けてきている栞だそうです。

中には、
大学受験に関する細かな知識、傾向分析、受験結果、
生徒の学習法や予備校の通塾率、通信や予備校の種類、
各教科の勉強法、今春卒業された先輩の受験手記、などなど
・・・すごい
にゃご高生に向けての内容となっているので、
市販の受験資料と比べ物にならないくらい参考になるし、やる気になる内容。

外部の声は「ふ~ん、へ~」で右から左だったりするけど、
先輩の声の威力は、ものすんごい大きいのね!!!
興奮して、鼻息荒げて読んでます
その他、
志望学部学科へ進学した先輩がいる場合、
学校が中に入って先輩とコンタクト取れるようです。素敵~


そう、、、いつの間にか、、、高校卒業後のことを考えるようになってた、にゃご。
こないだまで高校受験体験記を記す立場だったのに。

入学当初、一年間のスケジュールを見て、
受験終わったばっかなのに、もう大学受験??? ちょっとのんびり楽しませてよねっ!!!
お怒りモードだったよね。

卒業生の口から聞く大学の話、先輩の頑張る姿、大学説明会、進路集会・・・
次から次にイベントがあって、少しずつ意識し始めて、
最後に「進路のしおり」でグイッと引き込まれた感じ
大学受験なんて、まだまだどこか遠い話だったのが、いつの間にか自分の話になってる。

これがいわゆる進路指導 なんだろうな~

大学説明会のその順番も、なんだか絶妙で、
夏休み前にその気にさせちゃうのも計画通りなのかな。
にゃごままも、いつの間にか巻き込まれてるしね 笑


明確な将来が決まっておらず、文系、理系、学部、学科は絞れてないけど、
その分、まだたくさんの可能性があるってこと。
幸い、にゃご高の文理分けは三年生。
それまでは幅広く色んな教科を学んで、色んな話を聞いて、色んな経験して。
自分づくりファイト!


考査が終わり、今は定期演奏会に向けて部活部活の毎日♪
三年生と活動できる日も残りわずか。いっぱい、色んな気持ち、学んでこいっ!
入部してから夏まで、あっという間だったね。
定演後は野球応援に合宿に、部活や遊びや補習でだいぶ埋まっているようで、
カレンダーいっぱいね(←まだ出てないけどさ、課題やる日あるのかー?)
家族でどこか行ける日あるのかしら?

にゃごままは、部活弁当作り、頑張・・・らせて・・・いただきます
えーっと、ときどきお休みくださいね(*´ω`)┛

続きを読む >>

伝統の戦い?!

2016.07.07 23:42|高校生
行ってきました! 早・慶戦!!

早慶戦

火花バチバチ 

早慶戦チア

↑こんなのもあった 笑
ちなみに去年のポスターだそうです。
何かにつけてライバル関係の両大学
だけど、なんだか楽しそうに見えるのはナゼ?



私の母校は、たまにお正月の箱根駅伝に出るんだけど
お父にゃんの母校も出て、両校揃った時は応援燃えます
ライバルの存在って、競うのに必要不可欠だったりするんですよね。




今回は野球ではなく、大学説明会の早慶戦でやんす
同日に開催なんて、面白そー!(やや興味本位で参加)

2771531.jpg


先攻慶応、後攻早稲田で、各大学の入試センターの方が大学アピールの戦い
(各担当の方、それぞれなんだか楽しそうだった 笑)

先に、地元国立、近県国立の説明会に参加していたので、
私立大ならではのお話に反応しつつ、ふんふんうなずいて聞いてきました。

早稲田の担当さんが
「私立大は、創設者がいて理念がある」
とおっしゃっていました。
私立大は大学によって個性がある。ということ。

確かにパンフみてもそれぞれの大学に雰囲気があり、
学びの内容、方向性にもなんとなくカラーがあるような・・・

国立大の説明会では、学びの内容や深さについての説明が主だったけど、
例えば専攻コースは2年生で決めればいいんですよ!
受験の方法にはこんなバリエーションがありますよ!
(もっとたくさんあるんだけど、なにしろ学部学科が多くて、、、)
などなど、私立ならではの柔軟性を表に出していたように感じました。
国立と比較しての売りはそういう自由度の高さなのかな。


早稲田は、現高2から選抜方法に少し変更があるらしく、
政経は受験科目からなくなったり、
独自入試で行ってきた英語の試験を廃止して、英検orTOEFLによる加算式に変更するとか、
(学部による)

慶応は、
センター利用はありません、とか
学年によってキャンパスが変わります(どの学年でも自宅通学できるのか?)とか、

具体的に学部や大学を絞っていくうえで、興味目的以外に意識すべきコトがあるってのも分かりました。

早稲田も慶応も総合大学なので、本当に学部学科がたくさん!
ココにもあそこにも興味あること書いてある~ その気になっちゃうね~
ってにゃご談。
分厚いパンフでしばらく楽しめそうです


にゃごは、まだ志望学部学科が明確ではない&私にも大学受験の知識がないので、

どんなことが学べるのか?
どんな未来につながるのか?
入試制度の仕組みは?
今どんな勉強をすべきか?

まずはそこから!ということでいくつか大学説明会に参加してきましたが
今年予定されている大学説明会はこれにて終了。

少しは知識ついたかな。



文理選択後は、受験科目選択、資格試験の受験等、ある程度の戦略が必要そうですね。



・・・おまけ・・・
今日は暑かったからなんだろうけど、参加していたママさんたちの日傘率がとても高かったです。
(ちなみに、私は日傘持ってません。自分の手は、荷物&子供の手>日傘 なので、帽子派)
そして、地元国立説明会の時よりちょっとおしゃれな方が多かったような 笑


本日の早慶戦、入試担当さんのアピール大会の結果ですが、
引き込むように話を持っていく、話の上手さから
私のジャッジは 早稲田>慶応 
上手に興味を持ってもらうには、話の段取りに工夫が必要ですね~
我が家のように初めて大学に触れる家庭にとって、第一の窓口です。
熟練の入試担当になるには、それなりの勉強が欠かせない?!
入試担当=大学の営業さん 
私も営業業務することがあるので、参考になりました。
勉強しなくちゃね

今日の戦い、勝手にジャッジしちゃったけど、
私立ならでは、学びたいことに行きつくのにいくつもの道が用意されていて、
早稲田も慶応も魅力たっぷりでした!
選べるほどの学力があればいいよね・・・ 苦笑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。