08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

にゃごまま

Author:にゃごまま
「にゃご」高1の母です。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

▼o・_・o▼コンニチワン♪

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の家族会議~娘~

2016.03.01 22:03|高校選びand受験
「今だから言うけどさ、
うちって前期発表当日に再三者面談やるって言われてたんだよね~




「子供と親の意見が割れてるってことで、
先生が間に入ればケンカにならないでしょってことでさ~
言ってあったよね?当日は連絡がつくようにしといてねって」


?!

うひょっまじっすか?!
って、親子の意見が割れるも何も、まだきちんと家族会議してなかったよねえ?

後期の受験校について、親と意見が割れてる

どうやら、担任の先生とそんな話になっていたようです。
確かに「発表まで良く考えて・・・」とは言ったけど、
割れてるんじゃなくて話し合ってなかったってことだよね?

先生からは、
「そんなにも第一志望を熱望するのなら、後悔のないように自分の気持ちを貫いた方がいい!」
と、アドバイスもらってたとかなんとか。
どんな話になってたのよー

にゃごままも、
「今だから言うけどさ~
最後は自分で決めなさいって言うつもりだったんだよ。なにが心配だったの?」
って言ったら、

「そっ、そーなのーーー?!?!?!

思ってたのと違った? 笑


そんなやり取りが学校ではあったようですが・・・
前期の発表に向かう道では、
後期は第二志望にするから、ここを歩くのは最後と決めていたそうです。
それが、自分の実力と向かい合って決めた結果だったんだね。
そんな覚悟ができたから、合格できたような気がするのは気のせいなのかなあ。

熱望する第一志望に自分の実力が足りないのかもしれない。
誰より強く想ってる自信はあるけど、
現実と向かい合ってあきらめなきゃいけない想いもあるのかもしれない。
いろいろと、たくさん、葛藤して、不合格だったら・・・・・・
という覚悟をもって望んだ前期発表だったようです。

進学の相談でお世話になった県内個人塾の先生が、
発表までの不安定な状態で色んなことを考えることはとても大切なこと
とおっしゃっていました。

本当にその通りだなあって思う。
たくさんの不安も、葛藤も、自分で自分を導くための大切なココロの作業。
受験までの過程と同じくらい、発表までのモヤモヤした時間は大きな経験だったよね。


にゃご県公立高校後期入試が終わりました。
受験に関することを見聞きするたびに、
もし後期も受験することになっていたら、今どんな気持ちで過ごしているんだろう・・・
そう考えて、どきどき苦しくなってます。
努力した受験生がみんな志望校に合格できるといいんだけどな。

ばらばらしていた学校内も、ようやく全員揃っての卒業準備が始まったようです。
今度は卒業式カウントダウンだー
スポンサーサイト

コメント

お互いの思いを

にゃごちゃんなりに
おかあちゃんの気持ちをいろいろ考えて....
自分の気持ちを考えて....
不安と希望の間で思いが渦巻いていたんだよね。
にゃごちゃんの心の奥にしまっておいた覚悟。
もしかしたらここを歩くのは.....って思いながらの恋い焦がれた通学路。
今にもこわれそうな心で、その日を迎えていたんだね。
まだ15歳。受験って本当に大変で、そして成長の時なんですね。

発表までの不安定な状態で色んなことを考えることはとても大切なこと

この言葉に大きくうなずきました。
こんなにも自分と向き合う時間は,,,,自分で自分を導く時間は....
私はあったろうか....なんて、娘たちのすごさを実感しています。
でも、本当に、その覚悟があったから
キラキラ輝く世界が広がったんだよね(0'v'0)♪

幻の家族会議だから.....話せたこともあったのかもしれませんね。

これからも、家族でいっぱい話し合わなくちゃね。
その時間も宝物です。

こはるさま♪

お返事遅くなっちゃってごめんなさい。
今ちょっとこはんるさんちのぞいたら、こはるさん走ってた 笑
明日は休憩できるかな?

こはるさんの言うように、15才の自分は15才の娘にかないません・・・
でもなんだかちょっと嬉しい負けかも 笑
子供の成長をそばで感じることができるのは、子育てのご褒美ですね♪
大変だけど、楽しいね~☆

たくさん考えた軌跡を残したくて、同じような文章を何度も書いちゃって申し訳ないです。
幻の家族会議・・・家族それぞれが覚悟をもってその日を迎えてたんだなって思います。
現実になってたら、どんな展開だったか 涙

残るは母バージョンだわね。
しんみりしないように書けるかな?
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。