08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

にゃごまま

Author:にゃごまま
「にゃご」高1の母です。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

▼o・_・o▼コンニチワン♪

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.07.09 22:06|高校生
「見て見て~!すごいの~♪」

持ち帰ったのは、にゃご高オリジナルの「進路のしおり」
毎年この時期に新刊が出て、すでにウン十年更新され続けてきている栞だそうです。

中には、
大学受験に関する細かな知識、傾向分析、受験結果、
生徒の学習法や予備校の通塾率、通信や予備校の種類、
各教科の勉強法、今春卒業された先輩の受験手記、などなど
・・・すごい
にゃご高生に向けての内容となっているので、
市販の受験資料と比べ物にならないくらい参考になるし、やる気になる内容。

外部の声は「ふ~ん、へ~」で右から左だったりするけど、
先輩の声の威力は、ものすんごい大きいのね!!!
興奮して、鼻息荒げて読んでます
その他、
志望学部学科へ進学した先輩がいる場合、
学校が中に入って先輩とコンタクト取れるようです。素敵~


そう、、、いつの間にか、、、高校卒業後のことを考えるようになってた、にゃご。
こないだまで高校受験体験記を記す立場だったのに。

入学当初、一年間のスケジュールを見て、
受験終わったばっかなのに、もう大学受験??? ちょっとのんびり楽しませてよねっ!!!
お怒りモードだったよね。

卒業生の口から聞く大学の話、先輩の頑張る姿、大学説明会、進路集会・・・
次から次にイベントがあって、少しずつ意識し始めて、
最後に「進路のしおり」でグイッと引き込まれた感じ
大学受験なんて、まだまだどこか遠い話だったのが、いつの間にか自分の話になってる。

これがいわゆる進路指導 なんだろうな~

大学説明会のその順番も、なんだか絶妙で、
夏休み前にその気にさせちゃうのも計画通りなのかな。
にゃごままも、いつの間にか巻き込まれてるしね 笑


明確な将来が決まっておらず、文系、理系、学部、学科は絞れてないけど、
その分、まだたくさんの可能性があるってこと。
幸い、にゃご高の文理分けは三年生。
それまでは幅広く色んな教科を学んで、色んな話を聞いて、色んな経験して。
自分づくりファイト!


考査が終わり、今は定期演奏会に向けて部活部活の毎日♪
三年生と活動できる日も残りわずか。いっぱい、色んな気持ち、学んでこいっ!
入部してから夏まで、あっという間だったね。
定演後は野球応援に合宿に、部活や遊びや補習でだいぶ埋まっているようで、
カレンダーいっぱいね(←まだ出てないけどさ、課題やる日あるのかー?)
家族でどこか行ける日あるのかしら?

にゃごままは、部活弁当作り、頑張・・・らせて・・・いただきます
えーっと、ときどきお休みくださいね(*´ω`)┛
進路集会で受けた注意。
「オープンキャンパスで、国公立と私立を比べないコト!」
だそうです。

私立のソレは、楽しい魅力を全面に押してくるそうです

確かにパンフもそんな感じで、まんま影響受けてる子、ウチに居ます 笑

冷静に比較すると、
例えば指導者一人あたりの生徒数は段違いに国公立の方が手厚かったり。

雰囲気も大事だけど、大学はノリで行くところじゃないし、
学びの内容と濃さで選ぶべきって頭にいれとこーね。

スポンサーサイト

コメント

No title

にゃご高版「蛍雪時代」という感じで、詳細な情報が満載のようですね。
にゃごちゃんが読み終わった後は、にゃごままさんが、「興奮して、鼻息荒げて」読んでいるのではないかなあ・・・なんて勝手に想像しています(ごめんなさいm(__)m)。
一般論ではなく、同じ場で学んだ、同じ先生に学んだ先輩のことだから、本当に自分のことと結び付けて考えていくことができるのでしょうね。
いい刺激をもらって、にゃごちゃんのやる気↑↑↑ですね。

にゃご高は文理選択が3年生なのですね。となると、(基礎を付さない)理科や地歴公民を、みんなそれなりに履修することになるかなあ。進路も受験科目も選択の幅が広がっていいですね。郁高の場合は、2年次に文系を選択すると、基礎を付さない理科をまったく履修しないこともあり得ます。この場合、絶対に「理転」は無理です。実際には、「文転」もなかなか大変なカリキュラムだそうです。
同じ普通科でも、高校によりさまざまですね。

☆郁の母さま☆

コメントありがとうございます♪

以前、郁ちゃんの学校にも同じような「しおり」があると書いてあったような・・・
そこに手記を載せることが一つの目標になる、そんな「しおり」でした。
ええ、もちろんご想像の通り!鼻息ふごふご読みました~(笑)
カリキュラムや進度についてのアドバイスや、副教材の使い方は本当に役に立ちそうです。

「部活に一生懸命取り組める人は、受験勉強にも一生懸命に取り組める!」
という先輩の言葉にウンウンうなずく我が家の高校生?!
↑↑↑は、そちらのやる気かもしれませんっ 苦笑

カリキュラムや文理選択は、進路の幅を広げることが目的なようです。
が、キャパが小さいとのちのち負担になるかもしれないなーなんて思いも。
まあ、まだ文理がハッキリ決まっているわけではないので、
ゴリゴリとたくさん学んでもらいましょう!

文転、理転・・・
また郁の母さんから考えなくちゃいけないコト教わってしまいました。
いつもありがとうございます♪
そんな気持ちでじーっとカリキュラム見ると、、、理⇒文は出来そう。
文⇒理は、救済措置がありそうな、なさそうな。
うーん、考えておくことまだまだありそうですね 苦笑

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。